男性用のスキンケア商品について思うこと

主人を見て思っていることを書かせていただきます。30歳を超えてから、体の脂っぽい臭いが気になりはじめました。40歳を超えてからその独特な臭い=加齢臭が強くなってきて、朝はよくても夕方には強烈な臭いが体から出てくるし、洗濯をしても臭いが残ったりして困っているので、毎日のスキンケアで少しでも減らせたらいいなと思っているようです。最近は、様々な加齢臭対策のシャンプーやリンス・ボディソープが販売されるようになりましたので選択の幅が広がったぶん、買うときに悩んでしまうようです。「どれが自分に合うのか=臭いが出にくくなるのか」わからないので、新商品が発売されれば買って試している状況です。インターネットでサンプルを配布していることもあるので、真っ先に応募し、サンプルを使ってみてその商品を実際に購入するにいたることは多いです。

加齢臭対策のほかに、洗顔料や化粧水・乳液についてもなかなか自分に合ったものが見つからず、買って試しては、「これも合わない」とがっかりしている様子です。年齢によっても肌の状況は変わりますし、その人の体質などによっても肌の状態が違うので、自分が本当は乾燥肌なのか脂性肌なのか敏感肌なのか知りたいと言っています。女性なら化粧品売り場のカウンターにお邪魔すれば、お肌チェッカーで判定してもらうこともできますが、男性用のそういったサービスは聞いたことがありません。バルクオムのような男性専用の化粧品でスキンケアする男性が増えてきましたし、相談するのは多分恥ずかしいと思うので、プライベート面をしっかりしていただいた上でそういうサービスがあればきっと利用するかたは多いのではないかと思います。その上で、その人にあった化粧水や乳液を販売してもらえれば安心だと思います。化粧品メーカーにとっては顧客獲得になりますし、万が一その人の肌に合わなかった場合にも、相談できるでしょうし、色々な商品を独断でさまよい続けるよりは、少しでも自分に合う化粧品にたどりつきやすいのではないでしょうか。

スキンケアは思いやり

主人は私より4歳年上です。
結婚後すぐ子供に恵まれ、私自身もなれない子育て家事に夢中で取り組んでいました。
ふと気付くと眉間のしわも深くなるし、白髪も増え、すっかり自慢の美しい妻ではなくなった。

私は枯れてしまった。

とふさぎこむ時期がありました。
当時主人は激務で、毎日6時に家を出て午前2時3時にタクシーで帰宅するような日々。

あのころの私は自分と息子のことしか見えていませんでしたが、ある日ふと主人の肌がかなりくすんでいることに気が付きました。
アーこの人、私たちのためにいろいろすり減らしているんだな、と気づき、その次の休みの日に化粧水を買いに行きました。
私が主人のために購入したのは、ヒアルロン酸配合の若い女の子たちがよく使っている「あれ」です。
アラフォーの主人には少し安価に感じられるかもしれませんが、もともとアフターシェイブローションは使用していたものの、それ以外の基礎化粧品を使ってこなかった、砂漠のような肌にはやはり効き目があるようです。
それ以来特に肌が疲れているなと感じることはなかったように思います。
少し古風なのかもしれませんが、やりすぎなほど基礎化粧品にこだわったり、日焼けに気を使う男性には少し辟易してしまいます。
でも、一家の大黒柱でまだまだ新婚の主人があまりに疲れた肌をしているのは、妻である私の力量の低さを物語ってしまう気がします。
それに、私が洗顔後の基礎化粧をすすめて主人も気に入って使ってくれることにより、以前は帰宅後、夕飯を食べてバタンキューとお風呂に入らず、歯も磨かず、寝てしまっていた主人自身が、顔洗うと気持ちいいから。
と顔を洗い、それならシャワーくらいはいろうか。
汗出してから化粧水すると気持ちいいんだよね。
と自ら進化。
今ではよほどのことがない限り、きちんとお風呂に入って寝る、という当たり前の丁寧な生活を送ってくれるようになりました。
私も主人に負けてはいられないと手抜きのスキンケアはいけないと戒められ、いい影響を受けています。
主人には化粧水だけで足りないときは、へパリン配合の処方クリームを塗ってもらっています。
それから女性にも大切なことですが、男性は日中お化粧で肌を保護できない分、特に食べるスキンケアが大切だと思います。
油分、水分、ビタミン、酵素をまんべんなくとれるバランスのいい食事を、取ってもらいたいな。

せめて夕飯だけは!と腕をふるっています。
よく主人に言われるのは、加齢臭がなくなってきた!ということ。
スキンケアには直接関係ないように思われるかもしれませんが、ひとつ気を使うことで二つも三つも得が出る、といういい例のように思います。

最近は皮膚がんもよく効く病名になってきたので、猛暑である今年の夏は日焼け止めもお願いしたいなあと思い、赤ちゃんでも使えるさらさらタイプの日焼け止め化粧水も購入しました。

皮膚も体の一部。
洋服の次に、私たちの体を守ってくれている部分です。
夫の肌のこと、スキンケアのことを考えるのは、血圧や、睡眠の質について考えるのと同じことだと私は思っています。
もうおたがいに若くはなれないのだから、せめて一緒に緩やかに年をとっていけるよう、自分ばかりでなく主人のスキンケアに気を使っていきたいと思います。

男性でも気になるからこそ知りたいスキンケア!

梅雨の時期を迎えその後やってくるのは熱い真夏の季節です。
ねっとりと伝わる汗は頬やわきや背中など女性でも気になってしまいがちですが、男性ならこれに加え体臭までもが加わりたとえ大好きな彼氏や旦那であっても、一瞬鼻をつまんでしまうことってありませんか?

男性は女性と違い特に男性ホルモンが活発であるがために、それに含まれた体臭濃度も女性よりは濃くなるようです。
そのためたとえ汗を拭きとったとしても、中々染み出る体臭を押さえることは難しいようにあります。

私の家庭でも息子と旦那との二重攻撃にさらされています。
中でも中年になるにつれ酷くなるのは旦那のこの世の者とは思えないほどの、質の悪い体臭です。
営業職をして人との関わる機会の多い旦那に対しては、つい私も娘も体臭に関してはきつい言葉を投げかけてしまいます。
本人も始めの頃はあまり真摯に受け止めてはいなかったようですが、余りにしつこく投げかける娘の言葉と娘の異常なまでの父との距離感の幅にようやく自分自身の体臭の現実さを目の当たりにしたようです。
それからは誰が動くではなく、自分から体臭やスキンケアについて調べ実行するようになりました。
市販で売っている男性専用のボディソープを始め、シャンプーや洗顔料は当たり前ですが口内環境までも気にかけるようになりました。

安い物から購入してはまずは一か月ほど試した後、次は必ず高くて評判の物を試していったようです。

どれが良い商品と決めるのはいくら口コミが多い商品であっても、やはり自分自身で試してみないとわからないようです。安くても良い商品はありますし、高いだけの価値のある商品もあるからだそうです。

体臭とは体だけではなく、頭の皮膚や口内からも発生します。主人は体全体をそれぞれにあった商品を試しながら使い分けているようです。
そんな中でもボディシャンプーは「UL・OS薬用スキンウオッシュ」は、ボディと洗顔まで使える優れもので肌荒れやニキビ予防にも最適な商品のようで、何と主人はこれでシャンプーもしているほどです。
口内環境は、「GUM」の液体歯磨きを肌身離さず持ち歩き、人と接する時には必ず一度うがいを徹底するように心がけているようです。

お陰さまで今までの体臭のきつかった主人が嘘のように、汗をかいても匂いを気にすることはなくなりました。それと同時に口内環境も整ったせいか、主人と話す時にはいつも微かにミントの香りが漂うので接する方としても心地良いと感じています。

全てにおいて徹底することにより、消臭スプレーなどに頼らなくなった点も良かったみたいです。

何事も諦めずきちんとしたスキンケアを行えば、男性でもきれいな肌は勿論体臭も防げるのだと主人を見て実感しました。

きちんと洗浄した後は、男性だからと手を抜かずスキンミルクなどの乳液をきちんとぬって肌を保湿することも重要だそうです。

自身のスキンケア方法

私は昔から頭皮に痒みを感じたりフケが出ることが多いタイプでしたが特にスキンケア等は行わずに生活してきました。
何種類か違うシャンプーを使う事もありましたがあまり効果もなく特にケアの必要性も感じていませんでしたが数年前頭皮湿疹ができ我慢できずに皮膚科に通院する事にしました。
そこの医師の方に勧められたのがコラージュシャンプーという物でした。
名前も全く知らない物でしたがせっかく勧めてもらったので使用してみることにしました。
コラージュシャンプーに変えてからフケの量がすごく減り頭皮の痒みも出にくくなりました。
一般的なシャンプーと比べると価格は高くなってしまいますが頭皮湿疹などで悩んでいる方は一度試してみてほしいと思います。
また頭皮のケアとして入浴の際の洗い方もできるだけ気をつけて行うようにしています。
これも昔は特に気にせず行っていたのですがテレビ番組やインターネット等で洗い方に気をつけるべきだというような内容をよく目にしたので気をつけるようになりました。
髪を洗う際以前はすぐにシャンプーを使って洗い始めていましたが今はシャンプー使う前にしっかりお湯で髪や頭皮を洗うようにしています。
これをしっかり行うことで髪の汚れを約8割も落とすことができるそうです。
また使用するシャンプーの量も多くすごくもったいない事をしていたようです。
シャンプーで髪を洗う際は綺麗に洗う事を意識して強く洗ってしまっていたのですがこれもだめだったようで今は力をあまり入れずに行うよう心がけています。
洗い流す際も以前はただ洗い流すだけという感じでしたが今はインターネットで見た「揉み出し洗い」という洗い方を見本にできるだけ汚れを取り除くように心がけています。
またこの洗い方は頭皮のマッサージにもなるようなのでできるだけしっかり行っています。
また私は頭皮以外の皮膚も強くはなく痒み等を伴う事も多いので最近は洗顔や髭剃り後には化粧水と乳液を塗り洗体後は保湿クリームを塗るよう心がけています。